Style

ラファエロ展へ

日曜日にラファエロ展(上野・国立西洋美術館)へ行ってきました。
d0176753_20103654.jpg
西洋美といえば、本館はル・コルビュジエの設計で、外にはロダンの地獄門、モネの作品や近代までの所蔵作品も魅力です。
この日は、朝早くにもかかわらず、すでに絵の前は二重三重の人ひとひと・・・話題の聖母像はじめ、聖母のお顔はどれも穏やかで優しく美しかったです。また、テーマごとに空間の色を変えていたのですが、ヴァチカンがテーマの空間は「赤い壁」に。まさにラファエロの赤です!
最近、家のどこかを「赤い壁」にしたいと考えていたので、これはかなり本気になりそう・・。
d0176753_20101630.jpg
早熟の天才だったとはいえ、短い生涯で多くの作品を残せたことにただただ感嘆。
そして、ルネサンス期といえば、ダヴィンチにミケランジェロも活躍しているんですよね~
未だに影響を与え続けている彼らが同時期に存在していたなんて、信じられないほどのすごい時代!
ラファエロも好きですが、個人的にはダヴィンチ派です。

余談になりますが、一緒に行った姪へ、運動会で頑張ったご褒美に小さな図録を買いました。本にはいつも「いつ・誰に・どうしていただいた」を書くのですが、彼女曰く「絶対に今日を忘れないから、こんなにきれいな絵本だから、今は書かないで。大きくなって忘れそうになってから書いて」と云われてしまいました。入口で受付の方に「特別なチケットよ」とパスポートをいただき、お話を考えたり、クイズもあったりで、美しいだけではない展覧会を楽しめたようで、小さな方にもおすすめです。 ラファエロ展は 6月2日(日)までです。
by wallart | 2013-05-20 10:00 | Style | Comments(0)

輸入壁紙の「わ」が暮らしの中のデザイン・暮らしを楽しむちょっとした気づきをお届けします


by wallart