旅 - 国 内-

続:GWの過ごし方 三井八郎右衛門邸

江戸東京たてもの園の続編です。三井八郎右衛門邸を写真多めで巡っていただきます。

立派な門柱の奥に日本家屋
d0176753_033028.jpg


【玄関】これは!
このレリーフと金物つかい…
絶対にルネ・ラリックのはずです。期待高まります〜
d0176753_0335835.jpg
調べたところアタリ!でした。

【ご先祖様の仏間の前廊下】
このシャンデリアのために一部を折り上げ、鉄筋造にしたということ
d0176753_03354100.jpg


【食堂】
絢爛な食堂に、美しい木目の8人掛けエクステンションテーブルがお見事
d0176753_0342594.jpg

硝子の欄間が折衷様式ですね
d0176753_0344048.jpg

食堂の格天井
d0176753_035657.jpg


【客間】
家紋をアレンジされたのでは?と思える木彫の家具、刺繍があしらわれた飾敷き
d0176753_0355729.jpg


【階段ホール】ご本人の肖像画でしょうか、手には零戦?
d0176753_0341435.jpg


【和室】
炉があったので茶室?と思いましが、その割りには要素が多いと感じました。
邸の方に聞いてみると、ご当主の趣味の部屋として使われていたそう。
この採光といい、納得です。
ふんだんな竹、木材に贅を尽くされたことをうかがい知れます。
季節の花や風景が描かれた絵はご自身の手になるものでしょうか。
d0176753_0353727.jpg

d0176753_0354964.jpg

d0176753_0353832.jpg

食堂の天井の絵ですね。
d0176753_0365821.jpg


【廊下】家紋の壁紙!唐紙でしょうか…
d0176753_0364686.jpg

襖絵も風雅です。邸の中には、花鳥風月の板襖絵が多数。
実はそれらの中には、年末になると届いた物も…なんて話も聞かせてくださいました。
d0176753_037121.jpg

引手・釘隠にも家紋
d0176753_0374737.jpg

飾り窓板目が揃ってる!
d0176753_0375492.jpg


【厨房】まるで、ホテルの厨房並み!キッチンのスケール超えています。外国製のガスオーブンの横に、バスタブのような...洗い場?水槽代わり?食器棚、盛りつけ台、網が張られた収納棚もありました。
d0176753_125030.jpg
d0176753_1261080.jpg


【庭園】2階 寝室側 夫人の寝室には、一段高い小部屋がありました。
棚戸には絹が張られ色とりどりの様々な花や蝶などの刺繍が。お姫様だったのですものね。
d0176753_0334075.jpg

桂離宮の敷石をおもわせました。
d0176753_038521.jpg


半日掛けて巡りましたが、なんせ時間を有する性質上、2回のご紹介に入りきれなかった「田園調布の家(大川邸)・小出邸」も含め西ゾーンのみの鑑賞になってしまいました。
商店街や銭湯などの東ゾーンなどは次回のお楽しみです。
日本が貧しくもあり豊かでもあった「時間・本物」にであえる場所。隣地に広大な公園も備えていて気持ちのよいところです。東京近郊の方はぜひ!

by wallart | 2014-05-09 10:37 | 旅 - 国 内- | Comments(0)

輸入壁紙の「わ」が暮らしの中のデザイン・暮らしを楽しむちょっとした気づきをお届けします


by wallart