Style -Liv-

芸術月間 「TIFFANY and Mode」

週末、Art de vivreに過ごしてみました。はじめは、映画「ティファニー 五番街の奇跡」ティファニーブルーが好きな我が家の女の子のオーダー。
d0176753_22370364.jpg
彼女いわく、「難しいところもあったけど、わたしの持っているブルーの箱がもっとキレイにみえました」とのこと。思わず、大きくなったら、中身もあげる!と約束してしまいました037.gif

ティファニーとモード、ティファニーと映画、ティファニーを取りまくアイコン達、様々なコラボレーションから生まれた世界観は、確かに記憶に印象深く残るもの。計算された露出の必要性を感じました。

次はわたしのオーダー「モードとインテリアの20世紀展」
お気に入りの年代のモードに心奪われます。(パナソニック 汐留ミュージあむ)
d0176753_22380948.jpg

d0176753_22391307.jpg
ジャンヌ・ランバンに、スキャパレリのイブニング。
背景に1925年、アール・デコスタイルの「艶」が美しいインテリア。
d0176753_22393656.jpg
こちらは、シャネルのイブニング。古びないデザインと仕上げはさすがですね〜038.gif
背景のインテリアは、1932年新素材を取り入れたモダニズムスタイルへ。

暮らし=総合芸術の舞台という切り口には同感。モードとインテリアが暮らしに与える影響ありますよね。日常に演出やドラマを生み、華やいでいて素敵な考え方。
私たちの輸入壁紙も、そんな要素ありそうです。
ティファニーブルーの壁紙も探してみます♪( ´▽`)

モードとインテリアの20世紀展 2016年11月23日(水/祝)まで


by wallart | 2016-11-16 16:35 | Style -Liv- | Comments(0)

輸入壁紙の「わ」が暮らしの中のデザイン・暮らしを楽しむちょっとした気づきをお届けします


by wallart