旅 - 北 欧-

【北欧旅日記 1】 「スウェーデン −Ulricehamn−」

スウェーデン −Ulricehamn−
北欧が輝きだす5月に、いって来ましたスウェーデン&デンマーク!
今回の訪問で北欧の暮らし方、あらためて学べたような気がしています。
それを私たちなりにお伝えできたらと思っています。

では、スウェーデンのちいさな街「ウルリスハム」からスタートです!
d0176753_16195143.jpg
湖畔の小さな街に、私たちの扱う壁紙メーカー「Sandberg Wallpaper」があります。
サンドバーグ社は、デザインから生産まですべて自社で行っているスウェーデン王室御用達のメーカーなんです。
そんな会社の一面をお見せしますね。
d0176753_22400288.jpg
小高い丘にあるSandberg本社

d0176753_16441352.jpg
サンドバーグ社のエントランスでは
ロングランの「レオナルド」の壁紙とウィークエンドバッグが迎えてくれます
d0176753_16443286.jpg
<スタッフルーム> それぞれの好みの壁紙が張られている羨ましい室内
d0176753_17350750.jpg
<スタッフルーム>こんな部屋もありました。アート壁紙コレクションから広重「Horoshige」セレクト。
d0176753_17345380.jpg
<社長室> ヨーテボリ出身の彼は、その名のついたコレクションからのセレクト。
この上下に昇降できるデスク、いいですよね?
結構立って仕事する人も多いようなので、このデスクは便利そう。

気づかれましたか? みんな照明をつけず自然光で仕事しています。
スウェーデンもデンマークも、光との付き合い方が上手です。

そういえば、ミーティングルームのテーブルにはフルーツと一緒にキャンドルが…
d0176753_17532887.jpg
FIKAの時間には、スタッフの方が会社のキッチンで焼いてくれた
フランボワーズとブルーベリのタルト
仕事ながら、ゆったりした時間が流れます。


ゆったりした空気は、白鳥や鳥たちにもみられました。
まったくひとを怖がらず寄ってくる白鳥や鳥や猫。
光がシャープなので、誰が撮っても美しい写真に169.png
d0176753_16445718.jpg
d0176753_16454182.jpg
こちらがウルリスハムのショッピングストリート。
ちいさな街なのに意外で、さすがだったのは、インテリアショップが多いこと。
インテリアへの関心が高いのでしょうか。
そして美味しくてカッコイイ、デリやパン屋の存在!食と住のバランス感が良さそう!
d0176753_16523336.jpg
住みたい!と思わせてくれたデリレストラン。
内装のヴィンテージタイムレスな格好良さと、お料理の繊細さのバランスが良いのです109.png
d0176753_17032248.jpg
北欧らしい一皿もフルーツやハーブのアレンジが絶妙


d0176753_18185064.jpg
窓から光がふんだんに注ぐデザインルーム
こんな景色が広がるサンドバーグ社の壁紙は、毎回様々なコンセプトで
スウェーデン・北欧を表現します。これからも素敵な壁紙をお届けします。

北欧は、光や空気との距離感や付き合い方が自然、それでいて洗練されています。
そんな話も書いていきたいと思います。北欧旅日記はまだまだ続きます!




by wallart | 2017-05-23 18:06 | 旅 - 北 欧- | Comments(0)

輸入壁紙の「わ」が暮らしの中のデザイン・暮らしを楽しむちょっとした気づきをお届けします


by wallart