Style -Liv-

キャンドルライフ

北欧のお土産から今回ピックアップするのは「イッタラのULTIMA THULE(ウルティマ ツーレ)」
氷が解けだしたような透明感と質量感が魅力的。光を透過して下にうつり込む光がとてもキレイです。

d0176753_17441375.jpg
わたしも贈りものでいただいたボールを、朝食に重宝していますが、元々このシリーズは、FINNAIRのファーストクラス用に手作りで作られていたということを知りました。40年以上たった今も使われ続けていることも!
d0176753_18325566.jpg
今回、デンマークやスウェーデンで花と共に「飾るのではなく、そこにある物」として印象的だったものにキャンドルがあります。

ホテルのレストランやカフェのテーブル以外にも、人の目にはつかないような廊下、棚、様々な場所に。
朝食のテーブルこんな感じ・・・
d0176753_19084669.jpg
スウェーデンの壁紙の会社、サンドバーグ社でのミーティング(!)にもキャンドルでした。110.png
d0176753_18403533.jpg
照明器具の魅力的なデザインも多い北欧では、キャンドルを含む「灯」との接し方が、どうしても機能性や省エネが優先されてしまう日本とは異なる様です。
最近耳にする言葉「Hygge(ヒュッゲ)」も心地良い灯があってこそなのかもしれませんね。
日本でも「キャンドルライフ」を広めたい!!と思い、皆さんに愛されるこのシリーズのキャンドルホルダーならば、手に取っていただけるのではないかと思っています。
d0176753_17442561.jpg
このキャンドルホルダーの壁紙イメージは、アイスブルーの矢羽でざいん(サンドバーグ社 Agnes 414-27(新・国内在庫品))

ご興味持っていただけたら、ぜひ私たちのショッピングサイトでご覧ください。



by wallart | 2017-07-14 19:12 | Style -Liv- | Comments(0)

輸入壁紙の「わ」が暮らしの中のデザイン・暮らしを楽しむちょっとした気づきをお届けします


by wallart