Style -Liv-

大橋鎮子さん

今朝の新聞で、大橋鎮子さんが今年の3月に亡くなられていたことを知りました。
永遠に失いたくない方だったので、とても残念です...。

ご存知の方も多いと思いますが、大橋鎮子さんは暮らしの手帖社の社主で、花森安治さんとともに
昭和の初めから「おしゃれに美しく暮らす」「一人ひとりが自分の暮らしを大切にする」を掲げて
「暮らしの手帖」をつくり続けていらっしゃいました。

わたしにとっては、暮らしの手帖もさることながら大橋鎮子さんが書かれていたエッセイ
「すてきなあなたに」を読むことが毎月のよろこびでした。
このエッセイを読んだ後は、ほんの少しだけ自分が素敵になれたような気持ちにさせてくださいました。
両祖母が近くにおりませんでしたので、母にとっても私にとっても、もう一人の母であり祖母であったような気がしています。

もう「すてきなあなたに」が新たに書かれることはないのですが、月のはじめに本を開いて
その月のエッセイから新たなヒントや感動を得ることは続くこととおもいます。  - W -
by wallart | 2013-05-14 10:08 | Style -Liv- | Comments(0)

輸入壁紙の「わ」が暮らしの中のデザイン・暮らしを楽しむちょっとした気づきをお届けします


by wallart